Windows Xpの延長サポートが、2014年4月に打ち切りとなります。延長サポートが打ち切りになると製品へのセキュリティ更新プログラムの提供も同時に終了します。それに伴い、新しいOSへの移行をしなくてはいけません。そんな新しいOSへの移行をスムーズに行うための「IT価値創造塾」のサービスをご紹介します。

IT価値創造塾ではVMwareの仮想化を行っています。VMwareの仮想化は国内外では圧倒的な導入実績を誇っています。全世界では400,000社以上で採用されています。日本でも7,000社以上の企業などで採用されています。

VMwareの仮想化はWindowsだけではなく、96種類のゲストOSをサポートしています。また、Windows OSは多くのバージョンをサポートしています。

VMwareの仮想化は様々な企業で導入されています。中にはVMwareでサーバを統合したことにより、サーバ台数を80台から5台に削減できた、運用コストを50%削減などの成果をあげた企業もあります。

サイトには今ここで書いた、仮想化についての詳しい説明、サーバ仮想化、デスクトップ仮想化、導入事例などが紹介されています。また詳しい資料をダウンロードすることもできますよ。

これから新しいOSへの移行をする企業が増えてくると思います。スムーズに移行をお手伝いするIT価値創造塾をぜひチェックしてくださいね。

スムーズなOS移行ならIT価値創造塾という仮想化のおすすめHPですよ。

インターネットが普及している現代では、多くの人が様々な情報をインターネットを利用して閲覧しています。興味のあるサービスや商品などがある場合にも、さらに詳しく知るためにGoogleやYahooの検索機能などを使って、情報を調べることもあるでしょう。そんなことから、最近ではほとんどの企業やサービス、団体などがホームページを利用して、商品やサービスの宣伝をすることができるようになりました。

インターネットの普及と同時に、最近ではブログや掲示板の利用者が増えており、時にはこういった場所で商品名やサービス名などを出して悪評を書き込んでいるユーザーもいるのです。こういった悪評がそのままインターネットに放置されると、情報を調べようとして検索した人が悪評を目にすることにより、商品の購入をやめてしまったり、サービスの利用をやめてしまう場合もあります。
こういった誹謗中傷を避けるために、誹謗中傷対策サービスでは、こういった悪評に対する対策を提供しています。オンライン上での評判を守りたいという人にとってはぴったりのサービスなのです。
誹謗中傷さらに詳しく知りたいという方は、http://www.hibochusho-taisaku.jp/をご覧ください。問い合わせは無料ですることができるので、疑問などがある人は、まずは問い合わせをしてみましょう。

今やオフィスの業務処理に、コピー・FAX・スキャナーなどを1台でまかなえる複合機は欠かせないものとなっています。でも、複合機を上手に使いこなすには、まずは、機種選びのポイントです。どういう風に捉えていって良いのか、迷ってしまいますよね。

「複合機でオフィスのコスト削減ナビ」というサイトがあるのですが、複合機の導入と運用をサポートしてくれます。このサイトでは、複合機選びに3つの選択肢を設けています。先ず採取は「機種で探す」です。ここでは、複合機の主要メーカーのキャノン・コニカ・ミノルタ・シャープについて解説されていて、比較しながら検討できるのです。

キャノンのコーナーを見て見ると、たくさんの機種が紹介されています。業界ではトップクラスのメーカーとして、家庭用から業務用までの品ぞろえのなかから、お気に入りの複合機を見つけてください。

そして次は、導入するときのリース契約についてです。リースで導入するのがあたりまえオフイス機器ですが、「複合機でオフィスのコスト削減ナビ」では、あらためてリースについて分かりやすく詳しく解説されていますから、そのメリットを再認識できるでしょう。

リースの最大のメリットである初期費用が少なく導入できるのは、本当に便利で、サイトでは、次に導入・運用についても詳しくポイントが列記されていますから、今迄の疑問点が解消できます。

「複合機でオフィスのコスト削減ナビ」は、こちらです。
http://xn--8pru33cwvv.net/複合機

page 1 of 1